(1)ねじ部品の形状は規格で決められている

■ねじ山の種類
ねじの規格 メートルねじ ウイットねじ ユニファイねじ
長さの単位 メートル インチ インチ
ねじ山の形状
区分 並目
細目
並目 並目
細目
用途 一般的な部品締結用で、一番多く流通しています。 建築用には使われている場合がありますが、機械用としてはあまり使われなくなっています。 米国のねじ規格です。日本ではあまり使われていません。

 

■並目ねじと細目ねじ
メートル並目ねじ メートル細目ねじ
一般に使われているねじ山です。流通している部品の種類も豊富なので、幅広い部品から選択できます。 並目ねじに比べてピッチが細かく、谷が浅い分だけ断面積が大きくなっています。同じ呼び径のねじを同じ強さで締付けた場合、細目ねじの方が強く締まり、締付け後も並目ねじよりゆるみにくくなります。主に精密さを必要とするところ、微調整が必要な箇所、肉薄で強度が不足するところなどに使用されます。

 

■ボルト・ナットの各部名称

 

■六角ナットの種類
種類 一般的なナット 特殊な寸法のナット
1 種 2 種 3 種 小 形 10 割
形状
特徴 高さが呼び径の約8割
片面取り
高さが呼び径の約8割
両面取り
高さが呼び径の約6割
両面取り
六角部が一般のナットの約9割と小さめ
高さが呼び径の約10割
片面取り

 

■小ねじ・タッピンねじなどの頭部
なべ小ねじ
皿小ねじ
丸小ねじ
平小ねじ
 
バインド小ねじ
丸皿小ねじ
トラス小ねじ

■HOW TO集インデックスへ■